-

ありふれた初心者用の外国為替証拠金取引の教科書では、「差損が生じた時にはナンピンをすることによって、全体の買い付け価格を下げる」等アドバイスしている事もありますが正直に言うとそれにはかなり大きな落とし穴が潜んでいます。まず最初に、ナンピンの方法について易しく説明しておこう。たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。$買いなので円安ドル高になるほど利益が大きくなりますが、思い通りに行かず95円までドル安方向に進んだとします。この場合持ち続けたとしたら、利益がでるためには、5円分円安ドル高が進まなければなりません。投資家であれば、損失は早急にリカバリしたいと思うでしょう。それを解決するためはじめに売り買いしたのと同額分のドルを1ドルを95円で買い増しする。すると、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで低くすることができる。この結果、2.50円の幅でドル高に推移すれば、マイナスを回復できます。それが、ナンピン買いの理屈です。このとおり、ナンピン買いのロジックを耳にすると、「ごもっとも」と思ったりするが、為替はそう簡単に問屋を卸しません。元々、95円以下にならないとは誰一人として想像できません。外国為替市場が相当に強いドル安動向だとしたら、1ドル=95円では収まることなく、円高ドル安が加速する可能性は高いです。一例として、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安に向ったらナンピンした分にも、損失が生まれてしまいます。その状態では、最初に買ったドルと一緒に倍の為替差損を被ることになります。例示したとおり、ナンピン買いは大変です。それならば、外国為替市場が物語とは別の方向に素早く進んでしまった場合どういった術で危機の確率を避ければいいのでしょうか。こういう場合には選ぶべき道は限られています。まずひとつは覚悟を決めて損切りをする事です。もうひとつの方法としては今、あなたが保有している買いポジションを減らす事で改めて市場が戻るのを動かないで待ち望むことです。相当弱腰の手段だと考える投資家もいると思います。けれども、自分の買いポジションに損が生じた時一番適切な術はこの他にはあるはずがありません。勿論、理論上は、ナンピンをする方法もあるように思えます。だがしかしナンピン買いは、自分が損失を披っている状態にもかかわらずポジションを整理するどころかそれとは逆にポジションを積み重ねていく手段です。この考え方では、危険性を管理することなどどうやってもできないと思ったほうがいいです。ナンピンをし続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。でも、そうなる前にお金が無くなってしまいます。