-

外国為替市場介入(為替介入)というのはご存知でしょうか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌、TV、インターネットの記事でチラリと見た方もたくさんいるでしょう。為替の介入とは日本の場合、◯財務大臣が円相場の沈着を実現するように使うやり方として考えられています。簡単に言えば、極度の円高または円安になると財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)日本円の取引をして相場の安定を狙う、ものを言います。外国為替平衡操作(為替介入)には方法があります。1.単独介入・・・政府・中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で自らが市場に参入してきて為替介入(外国為替平衡操作)をする。2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が話し合ったうえ各通貨当局の資産を活用してタイミングを合わせてあるいは少しずつ為替介入(外国為替平衡操作)を行なっていく。3.委託介入・・・海外の銀行などに向けて為替介入(外国為替市場介入)を依頼する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の銀行などと代わって為替介入を行なう。以上のような方法があります。どの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も一時、あるいは連続的に為替市場に大きな影響を与えると思います。為替の介入の金額は当然自分の国の面子をかけて行なうだけにスケールが違うのです。円を例に考えると、通常は数銭単位で変化する相場が数円単位の変動をします。個人投資家の方ならば経験があると思うのですがそれまでは順当に含み資産(もしくは含み損)が増加していた保有高を持続していたのだが、そのポジションが決済したとの内容の通達がFX業者からEメールが。どの程度の儲けかな(赤字になったのか)?と考えつつ決済後のデータを確認したところ自分の中で予想していた事とはまったく逆の事態になっていて息を飲んだ例があったのです。為替の介入が行なわれた際に多く聞いた話です。為替介入(外国為替平衡操作)が施行されることで市場の動きと反対の動向をするものなのです。さらに変動する金の幅はものすごく大きくでかく動きますので気をつける必要があります。